看護部

看護部

急性期後の治療を引き継ぐ看護師として

当グループは急性期後の患者さんを受け入れ、積極的な治療とリハビリテーションを行っています。また、住み慣れた地域で過ごせるように地域医療にも力を入れてます。
看護部では「絶対に見捨てない」というグループ理念のもと、看護部理念「さする手、癒す手、つなげる手」を実践できるように努力しています。知識、技術、観察力、アセスメント能力を持った看護師の育成・教育が重要と捉え、さまざまな研修計画をたてています。
患者さんの一言一言に耳を傾け手をさしのべることができる看護、「あなた(看護師)に出会えてよかった」と思っていただける看護を提供し患者さんを支えていきます。
スクロール

看護墓育理念

看護墓育理念

看護部教育タイトル

教育理念

教育理念
  • 知識・技術・人間性を磨き看護専門職として高い倫理観のもと、身体・心・社会の全てに寄り添える職業人を目指す。


教育目標
  • 平成医療福祉グループの一員として責任ある行動がとれる
  • 専門的知識をもち科学的根拠に基づいた看護が実践できる
  • やさしく、親切な接遇に責任をもち心を癒す看護が実践できる
  • 患者さんを総合的にとらえることができ、人と人、人と社会とのつながりを大切にした看護が実践できる
  • コミュニケーションスキルを身につけ患者さん・ご家族・医療チームでの人間関係調整能力が発揮できる


新人教育
新人教育
  • 年間の教育プログラムを作成しています。それをもとにそれぞれの病院の教育委員会などにおいて指導計画を立てています。
  • 実践指導は実地指導者が行っています。精神的フォローはプリセプターが配置されており共に成長しています。新人看護師が安心して教育が受けられるように看護部としてもバックアップしています。
  • グループ看護部として関東地区、関西地区、徳島・淡路地区とエリアごとに研修を実施しています。各エリア内の病院の新人看護師が集まり新人看護師としての学びや悩みを共有し、交流を持つことができます。活発な意見交換があり、また同じ悩みを共有できるため有意義な研修となっています。また年度末(3月)には1年間の成長の証として新人看護師症例発表会を行っています。
  • キャリア開発に活用できるようポートフォリオ∗1の導入を推進しています。自分の思考や行動を客観的に振り返るリフレクションシートとして、また看護の実践や成長、成果が実感できるツールとして活用できます。
∗1ポートフォリオとは…ポートフォリオとは元来「紙ばさみ」のことをいいます。
 学習を進めて行く際にその設計や評価、過程の情報などを、自分自身で「学習成果(情報)」として「一元化」することにより看護の実践や成長、成果が実感できる評価方法です。
現任教育
現任教育
  • グループ看護部では1年間の研修計画をたて関東、関西、徳島・淡路のエリアごとに同じ内容の研修会を開催しています。エリアが違っても同じ教育が受けられるような教育体制をとっています。
  • 看護手順は統一化したものを作成しマニュアルサイトに公開し、グループ全体で共有しています。
  • 院内研修、グループ研修以外に院外研修にも参加していただけます。学会発表も積極的に行っていただき支援も行います。
  • キャリア開発としてクリニカルラダー∗2の導入を推進しています。グループ看護部がプログラムを作成し、研修の一部を中央研修で実施します。
∗2クリニカルラダーとは…看護師としての専門知識や技術を段階的に身につけられるよう計画された、キャリア開発プランのことです。
目標管理
年度初めに個人目標を設定します。師長と面談し両者合意のもと目標を設定します。目標管理は看護師個人の自主性に任せ、職務遂行に主体性を発揮できることを目的としています。そして目標が達成できるように上司も一緒に関わります。中間面接では目標達成に向けての進行状況や悩み、問題点、今後の方向性について看護師と上司が一緒に考えます。年度末には目標が達成できたかの面接を行います。プランニング面接・中間面接・フィードバック面接を行い目標達成に向けて支援します。