診療部

pac/sacのパイオニアとして

Pac

急性期医療だけが花形だった時代は過ぎ、現在は急性期後の治療から在宅復帰させるための医療であるPAC、在宅医療の継続をサポートする医療であるSACが注目を集めています。 PAC/SAC機能を発揮するためには良質なリハビリテーションと徹底したチーム医療が必須であり、全病院で強化しています。 私たちは創業時からPAC/SACを専門的に行っており、長年の経験とノウハウが蓄積しています。今後もPAC/SACのパイオニアとして患者さんに貢献できるよう、さらなる努力を続けてまいります。
スクロール

診療部の取り組み

  • PAC(Post Acute Care )/ SAC(Sub Acute Care)

PAC(Post Acute Care )/ SAC(Sub Acute Care)

亜急性期・慢性期の患者さんの受け入れ

PAC(Post Acute Care )とは
急性期病院での治療は終了したものの、自宅に帰ることが不安・困難な患者さんを受け入れ、治療の継続とリハビリテーションにより在宅復帰を目指す機能です。
SAC(Sub Acute Care)とは
在宅療養中の患者さんの状態が悪化した場合に、速やかに入院を受け入れ治療とリハビリテーションにより状態を改善し、再び在宅復帰を目指す機能です。
特徴1
  • 安心の入院受け入れ
    急性期治療を終えた患者さん、居宅系施設(特別養護老人ホーム・有料老人ホームなど)で生活されている方、また慢性疾患を抱えて在宅療養中に病状悪化した軽度・中等度症状の患者さんなどを積極的に受け入れています。 地域の中で主治医としての役割を担うために、24時間365日体制で受け入れする安心できる診療体制を整えています。
特徴2
  • リハビリテーション機能の充実
    入院患者さんに適切な治療を行うだけでなく、質の高い効率的なリハビリテーションを提供します。1日でも早く元の生活に戻れるようにチーム一丸となって在宅復帰支援に取り組み、退院後も外来や通所リハビリテーションにて継続的なリハビリテーションの提供を行い、在宅生活を支援します。 在宅復帰の障害となりやすい排泄の問題と食事摂取の問題を解決することがPAC/SACのリハビリテーションの使命です。当グループでは特に摂食嚥下リハビリテーションと膀胱直腸機能リハビリテーションに力を入れて大きな成果を得ています。

特徴3
  • 徹底したチーム医療
    早期に在宅復帰を目指すには入院時から在宅復帰を意識した明確な目標設定を行うことが重要です。退院後の生活を患者さんやご家族と共に考えることで、お一人おひとりに必要とされる具体的課題にも取り組みます。 また、多職種合同カンファレンスを定期的に実施し、診療に関わるすべての職種が同じ目標を共有して早期から集中的なアプローチを行います。そうすることで1日でも早く元の生活に戻れるよう、診療チーム一丸となり、目標期間内での在宅復帰を実現します。