薬剤部

薬剤部

Pac

調剤・監査だけをしていれば良い薬剤師の時代は過ぎ去り、これからの薬剤師には患者さんの検査データや実際の状態より体の中で何が起こっているのか読み取り、必要な薬、不必要な薬を医師とともに考える役割が求められてきています。
当グループの薬剤部は上記の役割を果たせるようチーム医療に積極的に参加し、治療に関わっています。
大きな取り組みとして高齢者で問題になっている多剤内服(ポリファーマシー)に対する対策を薬剤師を中心に行っています。これからの慢性期医療を支え、いつも患者さんのそばで良きパートナーとなれるよう共に歩んで参ります。
スクロール

栄養部の取り組み

  • 多剤内服(ポリファーマシー)への対策
  • 患者さんが飲みやすいお薬の工夫
  • クリーンベンチを用いた注射薬の調整

多剤内服(ポリファーマシー)への対策

患者さんの現在内服しているお薬は医師が症状に合わせて処方を行ったものですが、どんなお薬にも副作用があります。複数の疾患に対して薬剤処方を重ねているうちに薬の種類が多くなってしまい、副作用や飲み合わせの悪さにより患者さんの体に負担がかかってしまっていることや、症状が無くなっているにもかかわらずお薬の服用を続けてしまっていることがあります。当グループでは入院患者さんの多剤内服状態を改善するために「6種類以上の内服」を多剤内服(ポリファーマシー)と定義し積極的な活動を行っています。
多剤内服(ポリファーマシー)への対策
多剤内服の問題点
  • 薬物相互作用
  • 服薬に伴う患者さんの生活の質の低下
  • 服薬の過誤
  • 処方・調剤の過誤
  • 医療費の増大
グループ薬剤部での取り組み
  • 入院時に持参薬確認リストを作成し、薬剤師より医師へ見直しの提案を行います。
  • 回診時および病棟薬剤業務時にも見直しを行い医師へ提案します。
  • 減薬のみならず服薬回数を少なくするなど服薬コンプライアンス∗1向上の工夫を考えます。
  • 薬剤師より患者さん・ご家族へ多剤内服(ポリファーマシー)の改善に向けた説明を実施します。
  • 薬剤部だけでなく、医師・看護師・事務長とも連携して多剤内服(ポリファーマシー)対策を病院をあげて考えます。
  • 毎月、病院の多剤内服(ポリファーマシー)の状況について評価します。
    • 取り組みを行ってから1年以上経過していますが、モデル病院においては取り組み前後で内服薬平均8.1剤から4.1剤へ減少しています。
∗1服薬コンプライアンスとは…患者さんがお薬を飲み忘れや飲み間違えなくしっかりと指示を守って服用することです。

患者さんが飲みやすいお薬の工夫

患者さんが飲みやすいお薬の工夫
  • 患者さんが分かりやすく安全にお薬を服用出来るよう、ほとんどの患者さんへ自動錠剤包装機を用いた一包化調剤を行っています。
  • ひとつひとつのお薬の包装にバーコードを印字にて誤薬防止の対策を取り組んでいます。
  • 飲み込みが難しい方でも服用しやすい口腔内崩壊錠を積極的に採用しています。
  • 経管栄養の患者さんには簡易懸濁法を導入しています。

クリーンベンチを用いた注射薬の調整

クリーンベンチを用いた注射薬の調整
  • クリーンベンチを用いて点滴のミキシング∗2を行っています。
  • 細菌汚染防止と混合調整迅速化のため各種キット製剤も導入しています。
∗2ミキシングとは…そのままでは患者さんに投与出来ない点滴薬・注射薬を混合調整することです。例えば中心静脈栄養における高カロリー輸液の場合では、高カロリー輸液基本液に高濃度アミノ酸、高カロリー用ビタミン製剤、必須微量元素、その他必要な薬剤を混合調整します。細菌やウイルス、ガラス片などの異物混入を防ぐために精密な作業が求められます。

Menu