リハビリテーション医療

チーム医療

リハビリテーション医療

当グループではリハビリテーションを特に重要視しています。 特に高齢の患者さんの場合は顕著ですが、急性期治療を終え当グループの病院へ入院された患者さんの日常生活動作(ADL)は病前と比較し著しく低下しています。在宅復帰のためには全ての患者さんに十分なリハビリテーションの提供が必要です。
地域包括ケア病棟や回復期リハビリテーション病棟での充実したリハビリテーションにより在宅復帰を目指すことは勿論、訪問リハや外来リハなどの在宅部門にも多数のスタッフが在籍し、患者さんの在宅生活を支えています。
スクロール

チーム医療

個別リハビリテーション

個別リハビリテーション

理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)が個別リハビリテーションを実施します。運動機能や認知機能、嚥下機能など患者さんの状態を総合的に評価し、最適なリハビリテーション計画を立案し、お一人おひとりに応じた治療法を選択し実施します。集中的なリハビリテーションを提供することで在宅復帰サポートを行っています。

集団リハビリテーション

集団リハビリテーション

入院生活の一番の問題は治療のための安静によりもたらされる廃用症候群です。当グループでは人とのふれあいや楽しみの要素を取り入れた小集団(5〜10名)でのリハビリテーションを行っています。1日1〜3時間、療法士が日々異なるプログラムを提供します。日中ベッドで寝ている時間を減らすことは、運動や認知機能の低下を予防するとともに回復への近道となります。

365日 24時間リハビリテーション

24時間365日リハビリテーション

365日のリハビリテーションは当たり前。療法士は、夜間の患者さんへのアプローチも実施しています(一部除く)。夜間のトイレ動作や移動は転倒などのリスクも高くリハビリテーションの専門職が係る意義はとても大きいのです。退院後の生活環境や介助法を検討する上でも夜間の状況把握は不可欠と言えるでしょう。

Rehabilitative Intervention
 for Daily Living(RIDL)

Rehabilitative Intervention
for Daily Living(RIDL)

トイレや更衣、歩行など、日常生活の中で介助が必要な動作について、療法士がピンポイントで専門的に関わります。 個別・集団リハビリテーションに加え、お一人おひとりに必要な動作に的を絞ったこの取り組みは、目標とする動作の早期獲得を可能とし、退院へと導きます。

摂食嚥下リハビリテーション

摂食嚥下リハビリテーション

高齢者は疾病などで状態が悪化したとき、嚥下機能が低下し食事ができなくなることが少なくありません。疾病は治癒したものの、食事ができなくて在宅復帰できないということが問題になっています。 言語聴覚士を中心に入院後早期から介入し嚥下機能を評価し、評価結果に従って適切な食事を選択し訓練を進めていきます。

膀胱直腸機能 リハビリテーション

膀胱直腸機能リハビリテーション

尿意・便意の回復とトイレ動作の獲得は、在宅復帰を目指すリハビリテーションにおいて、摂食嚥下と並ぶ最重要課題のひとつです。自らの意志で、自らトイレで排泄を行う。この当たり前の行為を入院後早期から行っていただけるように全力でサポートしています。

ホームワークの推進

ホームワークの推進

個別や集団のリハビリテーション以外の時間を有効に活用していただくため、療法士は患者さんお一人おひとりに応じたホームワーク(自主訓練)を提供しています。患者さんが高いモチベーションでホームワークを実施することが退院への近道です。コーチ役としての療法士のスキルも非常に重要となります。

多職種協働と退院支援

多職種協働と退院支援

リハビリテーション効果を最大限に引き出すために、看護・介護の専門職と強力なチームを形成し、全力で在宅復帰へ向け支援します。 退院にあたっては社会福祉士やケアマネジャーと協力し、社会資源の活用や介護福祉サービスについて情報提供とご提案をいたします。

365日 24時間リハビリテーション

総合的なリハビリテーション視点

理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)は各々の職種としての専門性を高めながら、お互いの専門性を知り・認め、そして共有し合います。特に在宅でのリハビリテーション実施時にはトータルな関わりが求められています。また、この視点は強力なリハビリテーションチームをつくるには不可欠な概念です。

在宅分野での取り組み

在宅分野での取り組み

利用者さんが安全で安心できる在宅生活を継続できるよう、外来リハビリテーション、デイケア(通所リハ)・デイサービス(通所介護)・訪問リハビリテーションを提供しております。在宅生活での不安や問題点に直結したリハビリや助言を行い、利用者さんのより良い生活を支援します。

スキルアップ推進

ロボットリハビリテーションの導入

当グループでは最新のリハビリテーション機器の導入をすすめています。その一つとして、ロボットスーツHALがあります。HALは対象者の皮膚表面に貼り付けられたセンサーで、脳から筋肉へ伝わる信号の一部を読み取り、それを元に人の意思に従った動作支援を行います。

- CYBERDYNE社ロボットスーツHAL -
脳卒中や脊髄損傷の患者さんのリハビリテーションの一環としてロボットスーツHALを利用しています。 スキルアップ推進

スキルアップ推進

スキルアップ推進

療法士として、その知識・技術を研鑚する姿勢は当たり前です。患者さん・ご家族、そして仲間からも信頼され、選ばれる療法士になるための努力をグループ全体でバックアップします。 各種認定資格、専門資格取得者も多数在籍しています。

当グループには、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)の国家資格を取得後も、自らの自己研鑚を常に怠らないスタッフが多数在籍しています。自身のスキルアップはチーム力の向上に繋がり、そしてその目的はただ一つ患者さんへの還元です。 ここに紹介したスタッフが保有する資格名はほんの一部です。

  • 摂食嚥下認定言語聴覚士
  • 高次脳機能・失語症認定言語聴覚士
  • 認定理学療法士(脳卒中)
  • 認定理学療法士(呼吸)
  • 介護支援専門員
  • 3学会合同呼吸療法認定士
  • 糖尿病療養指導士
  • 認知症ケア専門士
  • 学習療法士
  • 地域包括推進リーダー
  • 介護予防推進リーダー
  • 赤十字救急法救命員
  • 福祉住環境コーディネーター
  • ボバース各種コース 終了者
  • PNF各種コース 修了者
  • 認知運動療法各種コース 修了者
  • トレーナー各種コース 修了者
    その他、徒手テクニック各種コース

学術研究・学会発表の推奨

学術研究・学会発表の推奨

当グループでは、学術的な研究や発表を推奨しています。毎年、多くの療法士が全国のさまざまな学会で発表しています。またその基礎段階としての院内研究発表会もあり、サポート体制は万全です。 療法士のスキルアップ、ステップアップは患者さんの治療に確実に還元されていきます。

昨年度で、全国のさまざまな学会で160以上の演題発表の実績があります。 今後もますます、学術研鑚に取り組んで参ります。


参加学会実績(H26年度)

  • 日本リハビリテーション医学会
  • 日本理学療法学術大会
  • ブロック(POS)療法士会学会
  • 都道府県(POS)療法士学会
  • 日本慢性期医療学会
  • 慢性期リハビリテーション学会
  • 日本リハ・ケア学会
  • 日本病院学会
  • 全日本病院学会
  • 摂食嚥下リハビリテーション学会
  • 全国各療法士学会
  • 認知神経科学学会
  • 平成医療福祉グループ学会
  • 心臓リハビリテーション学会
  • 日本意識障害学会
  • 日本老年医学会
  • 介護老人保健施設全国大会
  • フットケア技術学会
  • 脳機能とリハ研究会学術大会
  • モーターコントロール研究会
    など