平成医療福祉グループ

平成医療福祉グループ

平成医療福祉グループとは

病を抱えた方や障害のある方が安心して生活するためには医療と福祉がバランス良く提供されることが大切です。私たちは医療と福祉は対等で連続した切り離すことのできないサービスだと考えています。グループ名に平成医療福祉と称しているのはそのためです。医療施設の中にも福祉の機能を、介護(福祉)施設の中にも医療の機能を持たせること、またそれぞれが密接に連携・交流することに力を入れて取り組んでいます。

グループの病院では創業時からPAC(急性期を経過した患者さんの治療)を専門的に取り組んできました。PACにおいて医療行為とならび大切なことはリハビリテーションです。医療行為により疾患が治癒したとしても身体機能の低下により自宅に帰れないのでは意味がありません。私たちはリハビリテーションが必要なすべての人に対して良質なリハビリテーションを提供して在宅復帰できるように最大限努力しています。

スクロール

私たちの取り組み

平成医療福祉グループの取り組みについてご紹介いたします。

PAC/SAC

診療部

急性期病院での治療は終了したものの、自宅へ帰ることが不安・困難な患者さんを受け入れる機能(Post Acute Care)と在宅・介護施設などで症状の急性増悪した患者さんを受け入れる機能(Sub Acute Care)の2つの機能で、患者さんの病後の在宅復帰・在宅生活を支えます。
詳しくはこちら→

リハビリテーション部

リハビリテーション部

当グループではリハビリテーションを特に重要視しています。地域包括ケア病棟や回復期リハビリテーション病棟での充実したリハビリテーションにより在宅復帰を目指すことは勿論、訪問リハや外来リハなどの在宅部門にも多数のスタッフが在籍し、患者さんの在宅生活を支えています。
詳しくはこちら→

看護部

看護部

看護職の専門的な知識や技術、人間性を磨きホスピタリティー(おもてなしの心)をもって、安全で良質な看護の提供に努めています。
急性期医療直後から在宅支援までを視野に入れた看護を提供できるよう体系的な教育体制を整備しています。
詳しくはこちら→

介護部

介護部

食事、排泄、入浴などの身体介護はもちろんのこと、入退院時のベッドメイキングなど居室の環境整備や、在宅医療に向けての生活指導まで、質の高い介護を提供しています。 施設では利用者さんの自己決定を尊重し、できることを最大限に引き出し自立した生活が送れるよう支援しています。
詳しくはこちら→

ポイントオブリビングリハビリテーション

薬剤部

患者さんの検査データや実際の状態から体の中で何が起こっているのかを読み取り、必要な薬、不必要な薬を医師とともに考える役割を担っています。 また、高齢者で問題になっている多剤内服(ポリファーマシー)に対する対策を積極的に取り組んでいます。
詳しくはこちら→

栄養部

栄養部

新鮮な旬の食材を中心とした献立は47都道府県の郷土料理と5ヵ国の国際料理を毎週取り入れています。
患者さんお一人おひとりの状態にあった最適な食事プラン・栄養管理計画を作成し実施しています。また、安全な経口移行を行うため に食事形態を標準化しました。
詳しくはこちら→

スクロール

施設紹介

施設紹介
スクロール

施設一覧

地域検索

種類検索

 

小規模多機能
センターほのぼの

中央小規模多機能
センター

平成小規模多機能
センター

レジデント山口

メディケアハウス
平成

平成デイサービスセンター平田

平成デイサービスセンター黒磯

中央デイサービスセンター